日本:SBU(海上自衛隊特別警備隊)の動画

1999年、防衛庁の情報本部電波部は新潟県沖で異常な電波更新を傍受した。衛生情報による情報収集を行っていたアメリカより事前に、北朝鮮の対日工作基地である清津港から工作船が姿を消したとの連絡を受けていたため、この異常電波は日本に接近する北朝鮮工作船のものと判断。政府は護衛艦「はるか」ほか三隻を急行させ警戒態勢を敷いた。

その2日後、警戒飛行中の対潜哨戒機が漁船に偽装された二隻の北朝鮮工作船を発見、直ちに海上保安庁及び海上自衛隊が追跡を開始した。海上保安庁巡視船艇は停止命令と威嚇射撃を実施したが、高速で逃走する工作船には低速の巡視船艇では追跡が困難となった。

そこで海上保安庁の能力を超えると判断されたため、海上自衛隊の創設以来初となる「海上警備行動」が発令された。これを受け、追跡する護衛艦は警告射撃、対潜哨戒機からは爆弾が投下された。しかし、工作船は足を止めることなく日本の防空識別圏を脱出してしまうのである。

この事件を機に、海上自衛隊では艦艇の能力を強化し、海上臨検を専門に行う部隊の創設する必要性が認識され、計画が急ピッチで進んだ。翌2000年、イギリス海兵隊特殊部隊SBSより招聘された教官の指導の下、選抜されたエリート隊員によって誕生したのが、SBU(海上自衛隊特別警備隊)である。

部隊の性格上、詳細は発表されていない。江田島基地を拠点とする彼らは70名程度の規模であり、3個小隊より組織されているが、所属隊員の名前は徹底的に秘匿にされている。2001年にはNAVY SEALsが所属する米軍特殊作戦グループ1(NSWG-1)からも訓練を受けるなど、特殊部隊としての体制を着実に整えている。

2001年、北朝鮮の工作船が東シナ海に姿を現した際には、不測の事態に備えてSBUにも出動待機が命じられたが、工作船の自爆・自沈により出動することはなかった。2009年には頻発するソマリア沖での武装海賊対策として、海上警備行動による護衛艦派遣計画の中で、SBUの乗艦が決定され、3月に派遣護衛艦と共に出発した。

公開訓練の模様
広島県宮島周辺海域にて、哨戒ヘリコプター「SH-60J」と高速ゴムボート「特別機動船」 (RHIB) から、不審船に見立てた水中処分母船に乗り移り制圧するという設定です。海上自衛隊では特別警備隊の訓練の公開は「これが最初で最後」としています。

乗船にあたっては事前に不審船側に縄梯子がかけられており、最も危険といわれる乗船時の手順などは一切明かされていません。また、狭い船内での活動を考えた場合に、携帯している自衛隊制式ライフルである89式小銃はサイズが大きすぎるとの指摘もあり(MP5サブマシンガンなどが妥当)、訓練というよりもデモンストレーションに近いといえるでしょう。